aamall

AI問題

2018年09月11日

AIでモノ・サービスの価格を最適化

AIによって、モノやサービスの価格を最適化する動きがあります。絶えず変化する需要に応じて価格を変えていくことで、企業は売り上げを最大化します。また、消費者はどのタイミングで買うか選択の幅が広がります。例えば、出費を抑えるために、需要が少なくなってから安く買うなどです。

こうした仕組みはダイナミックプライシングと呼ばれ、例としてホテルの価格を最適化するサービスがあります。競合となるホテルの料金や、周辺で開催されるイベントなどで価格が決定されます。他には、野球などのチケット価格です。対戦カード、出場選手、天気、曜日、販売状況などの要素から最適化します。

一方で、ダイナミックプライシングは問題点が指摘されています。AIによるダイナミックプライシングの採用が市場内で進むと、結果として価格をつり上げてしまうというものです。実際に、ある地区のガソリンスタンドが同じシステムを採用した結果、全体として価格が上がる現象が起きたという例があります。これは事業者同士が共謀して意図的に価格を高く設定しているわけではないので、カルテルなどの違法行為には該当しません。しかし、このようなシステムが普及する前に、消費者の立場から一度考え直す必要はあります。

(本郷理一)



robotbusiness at 07:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行