aamall

AI信号機

2018年03月08日

AIによる交通渋滞の緩和

AIを活用することで、交通渋滞を緩和する取り組みが世界でされています。代表的な活用例は、「AI信号機」です。

先進的なものに、アメリカのベンチャー企業で開発された信号機システムがあります。その特徴は、信号機に取り付けたセンサーとカメラから得られるデータをAIに解析させ、最適な信号の切り替えを実現するものです。今までは信号機の切り替えを見直すのは数年に一度でしたが、交通状況に応じた対応できるようになります。

同システムをピッツバーグ市街に実験的に導入したところ、自動車による移動時間が最大25%短縮し、またアイドリング時間は40%以上減少したそうです。

日本でも同様の研究は行われていますが、実用化にはもう少し時間がかかると言われています。

交通渋滞によって失われた時間が労働時間だと仮定すると、大きな経済損失だと言われています。日本では、交通渋滞による年間の損失は合計約50億時間とされており、AIを活用した交通渋滞緩和への取り組みは、非常に大事なことなのです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行