aamall

折り曲げ可能ディスプレイ

2017年11月09日

折り曲げ可能なディスプレイ

ディスプレイは硬いイメージがありましたが、最近では折り曲げ可能なものも開発されました。
非常に薄いディスプレイで、丸めることもできます。

メリットとしてあるのが、有機ELと比べて製造コストを約半減できることや、落としても割れないこと、消費電力を減らせることなどがあげられます。

現時点で実用化はそこまで進んでいるわけではありませんが、活用幅は広いと思います。
街中でデジタルサイネージが設置してあるのをよく目にしますが、折り曲げ可能なディスプレイを用いれば、設置というよりはむしろポスターを貼る感覚になりそうです。

曲面に利用することができるので、衣服にもディスプレイをつけたりすることもできます。
ちなみに、折り曲げ可能なスマホやPCを開発している企業もあるそうです。

従来のディスプレイとは違う使い方ができるので面白いと思います。

(本郷理一)




robotbusiness at 08:51|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 第3回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス