aamall

ロボットビジネス勉強会

2018年03月22日

ジェスチャーで機械を操作

機械の操作は、直接触れるものが大半になります。一方で、スマートスピーカーなど手で触らなくとも操作できるものもあります。

ジェスチャーで操作する仕組みもその一つです。カメラで人の動きを認識し、それに応じた動作を機械がするわけです。

実用的だと考えられているのは、家電との連携です。スイッチやリモコンのある場所まで足を運ばなくても、その場で操作ができます。例えば、照明やテレビを指差すとオン・オフの切り替えができるなどです。

現時点では、大振りな動作でないと機械が反応できませんが、細かい動きにも対応できるように開発が進められています。誤作動をなくすことなど課題は多くありますが、いずれ実用化がされると思います。

(本郷理一)




robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月20日

音声のテキスト化技術で議事録を自動生成

AIを用いた音声認識によって、会話を正確にテキスト化できるようになりました。

正確さで一番大事なのは、日本語の音を発した通りに拾われることです。アナウンサーのように聞き取りやすい声でなくとも、正確に拾えるようになってきました。また最近では、方言などによるアクセントの違いも識別できるようになっています。

人が使いやすい状態を目指すならば、次に漢字へ正しく変換されることが大事になります。ひらがなだけの文章では当然読みにくいからです。また、全く同じ発音で意味の異なる言葉も、意味の流れから正しい漢字へ変換されるようになっています。

正確さが高まったことで、会議や定例記者会見で話した内容の自動生成に使われることが増えてきました。それによって作成時間を大幅に短縮できます。

正確さ、つまり音声の忠実なテキスト化の精度が向上するだけでも、活用の幅が広がるわけです。その正確さをベースにして、内容を要約するシステムが組み合わさるなど、より便利になっていきます。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月19日

社員の精神的健康を分析

健康には体と精神の健康が含まれます。特に精神的な健康は機械で測定しづらく、人が気にかけるしかないものでした。しかし、精神面な問題を抱えていても表に出ず、周囲の人が気づけないことが多くあります。

そのため、機械的に心理的な部分を読み取ろうとする方法が考えられています。

心理は体の調子に影響します。そのため、体の状態を測定することで精神的状態を知ることができます。

例えば、センサーで汗の量や皮膚の温度を測り分析することで、どれくらいストレスを感じているか分かるなどです。

また、心理は行動に表れるので、何かしらの行動結果を分析することで、精神的状態を知ることができます。

例えば、社内SNSでの発言内容の分析でどういった心理なのか分かります。データが蓄積されていけば、人が注目しないような違いから異常であることが判明することもあります。

これらの仕組みは、事態が深刻化する前に、対策が打てるのが大きいわけです。
事前に分かれば、休暇を取るよう促すなどもできます。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月14日

レジの無人化

コンビニやスーパーなどの店舗では、レジを無人化する動きが見られます。

セルフレジを考えたとき、一つずつバーコードを通すのは面倒で、定着するようには思えません。そこで考えられたのが、商品一つ一つにICタグをつけ、一括でスキャンするやり方です。

しかし、ICタグの利用は多くの問題を抱えていることが分かりました。現時点で、一個あたり10円と高く、コンビニで売られているような単価が低い商品に向いていません。また、電波を遮るものがあると認識されないことがあります。

ICタグを使わない方法もあります。レジ台の上に商品を置くことで、カメラの画像からAIがどの商品かを判別する仕組みです。現時点で約1000種類の商品を正確に見分けることができ、今後は不良品や賞味期限も認識できるようにするそうです。

また、レジという存在自体をなくしてしまうやり方もあります。天井のカメラと棚のセンサーによって、どの商品を手に取ったかを判別し、商品を持ったまま外に出れば会計がされるというものです。

「Amazon Go」で使われた技術で、日本でも駅構内のコンビニなどで実験が行われています。「Suica」などのICカードを使って店に入り、出る際に自動で精算されるわけです。駅では急ぐことが多いので、レジに並ばずに済むのは便利だと思います。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月13日

小売店舗で働くロボット

小売店舗での作業を人の代わりに行うロボットの開発が進められています。

特に在庫管理は人よりも効率的に行えるとされています。マップ化された店内を徘徊し、陳列棚の商品や値札の状態を確認するロボットです。

商品が不足していないか、価格表示が間違っていないかなどを見て回ります。そしてロボットからの情報は従業員に伝えられ、必要があれば、商品の補充などを行います。

日本の事例では、富士通の「MATEY(メイティ)」というロボットがあります。2017年の段階では、商品が品切れになると陳列棚の奥から見えるQRコードをカメラで検知する仕組みでしたが、このQRコードがなくても認識ができるようになりました。画像認識技術が向上したことで、商品がある状態とない状態の区別がつくようになったからです。

また、ロボットを徘徊させるやり方以外に、店内に設置した複数個のカメラを使って在庫を確認するやり方もあります。

将来的には在庫管理だけでなく、商品の発注と陳列をも一貫して行えるロボット(システム)が出てくるかもしれません。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月09日

ドローンによる配達

ドローンは、災害の調査やインフラの点検などに活用されるようになってきました。他にも、ドローンは輸送機として期待されています。

ドローンは、人口が密集していない地域への配達で大きな効果を発揮すると考えられます。特に、陸から数km離れた島への配達に便利かもしれません。

一方、問題も多くあります。ドローンの墜落や荷物の落下などの事故が絶対に起きないとは限りません。そのため、大都市圏での利用は難しいと言われており、現に規制は実用化を厳しくさせています。

しかし、配達に人がいらないことから、利用は広がるはずです。ドローン配達に力をいれるAmazonが「空中倉庫」で特許を取得するなど、今後が楽しみです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月08日

AIによる交通渋滞の緩和

AIを活用することで、交通渋滞を緩和する取り組みが世界でされています。代表的な活用例は、「AI信号機」です。

先進的なものに、アメリカのベンチャー企業で開発された信号機システムがあります。その特徴は、信号機に取り付けたセンサーとカメラから得られるデータをAIに解析させ、最適な信号の切り替えを実現するものです。今までは信号機の切り替えを見直すのは数年に一度でしたが、交通状況に応じた対応できるようになります。

同システムをピッツバーグ市街に実験的に導入したところ、自動車による移動時間が最大25%短縮し、またアイドリング時間は40%以上減少したそうです。

日本でも同様の研究は行われていますが、実用化にはもう少し時間がかかると言われています。

交通渋滞によって失われた時間が労働時間だと仮定すると、大きな経済損失だと言われています。日本では、交通渋滞による年間の損失は合計約50億時間とされており、AIを活用した交通渋滞緩和への取り組みは、非常に大事なことなのです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月07日

カーナビにAIを搭載する

トヨタが音声アシスタント「アレクサ」を一部の車に搭載することを発表しましたが、運転中に音声で様々な情報を知ることができるのは非常に便利です。

似たような取り組みに、カーナビに「自然対話技術」を搭載するものがあります。話しかければ交通状況を教えてくれるなど、カーナビを見ずに情報が提供されるのは便利です。

AIを取り入れることで、カーナビを使うほどドライバーの行動パターンを学習していき、適切なアドバイスをくれるようになるはずです。

今後は場所を検索する際に、より高度な情報を提供してくれるようになるかもしれません。例えば、「近くに空いていて、おいしい飲食店はない?」と聞けば、混雑状況やグルメサイトなどの評判から最適な飲食店を提案し、そこまでのルートを教えてくれるなど。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月06日

第5回ロボットビジネス勉強会|RPAを学ぼう

第5回ロボットビジネス勉強会&交流会

「ロボットビジネス勉強会」の第5回を開催する運びとなりました。
当日取りあげるのは、市場縮小や景気後退、競争激化など、経営を巡る環境悪化が予想される2020年代へ向けて普及が急速に進む「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション」です。
人手確保も厳しさを増しており、「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」を採用しないと生き残れない時代です。

「RPA大勉強会」は、スーパー初心者にも分かりやすいように、基本編、実践編、活用編の3回に分けて順次開催します。
RPAをビジネス(商材)として取り扱うヒントが得られます。
さらに、RPAを自社(職場)に導入するヒントも得られます。

第5回ロボットビジネス勉強会
効率化・自動化ツールの注目商材

日 程◇2018年3月28日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分
内 容◇ソフトウェアロボットにオフィス業務を代替させよう
    RPA大勉強会《基本編》
    省力化・省人化、大幅な人件費削減が可能
講 師◇日本ロボコム株式会社代表 本郷理一 和田創
会 場◇東京・銀座(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第5回ロボットビジネス勉強会 ~RPA大勉強会《基本編》」

月刊ロボットビジネスVol.5』2018年3月号

以上。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

(和田創)



robotbusiness at 08:00|Permalink

2018年03月05日

イヤホンを用いた生体認証

人の耳の内部形状には個人差があります。これを生体認証として利用する研究がされています。耳の内部での反射音を解析することで耳の形状を把握でき、99%以上の精度で誰の耳かを特定できるそうです。

今までは、耳へ流す音が人の可聴域であるために、雑音として聞こえてしまうという問題がありました。これが改善され、現在では人が聞こえない高周波になっており、認証が煩わしいものではなくなりました。

この生体認証を具体的に行うためには、イヤホンの装着が必要になります。イヤホンを用いた生体認証の利点は、認証を行う場所を選ばないことです。指紋認証や顔認証は、施設内で動き回る人を認証するのに適していません。

イベントスタッフや保守点検の作業員、警備員など、動きながら作業をする人をこまめに認証することが可能です。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 第3回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス