aamall

ライドシェア

2018年02月13日

自動車業界におけるハードからソフトへの転換

自動運転技術が実用化し、ライドシェアが進むと、車というハードが売れる時代からソフトが売れる時代になっていくと考えられます。

先月1月にトヨタ自動車は、ライドシェアを想定した自動運転車を発表しました。「e-Palette」という、全長4-7mほどで内部に広い空間を持つ箱型の自動車です。

朝や夕方の通勤時間帯はライドシェア用として使い、それ以外の時間帯は配送車として、また移動店舗として使うなどが考えられています。

この発表が注目されたのは、次世代の車を開発しただけに留まらず、この自動車を利用したサービスを提供するためのプラットフォームの開発を進めていることを示したからです。

発表では、そのサービスを提供するパートナーも同時に紹介されています。米アマゾンや米ピザハットなどは通販や出前サービスを提供し、ウーバーや滴滴はライドシェアサービスを提供することが想定されます。

トヨタにはこれまで培ってきた自動車の技術がありますが、サービスを提供する点で重要になる、ユーザーとの接点がないという欠点が挙げられます。グーグル、フェイスブック、アップルなどユーザーとの接点が強い企業が自動運転車の開発に乗り出しています。そのような状況の中でトヨタは、彼らが将来の競合になると感じ、危機感を抱いているのではないでしょうか。

(本郷理一)




robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年02月09日

新たなモビリティ社会の誕生

自動運転技術によって、人やモノの動きが大きく変わろうとしています。
さらにライドシェアも一定の需要があると言われており、モビリティ社会を大きく変えるとされています。

自動運転技術とカーシェアやライドシェア(※)による新たなモビリティ社会は、交通事故の減少と渋滞の緩和、物の輸送効率の向上、CO2排出量の抑制など社会的に見ても大きな恩恵をもたらします。

当然、既存の業界には大きな変化が起こると考えられます。ライドシェアが進めば、自動車メーカーは自家用車が売れなくなります。

また、自動運転技術の実現により、車に求められる形態が大きく変化する可能性があります。
例えば、トラックのように物を大量に積める乗り物が必要かどうかは分かりません。小型の車を大量に用意し、配送した方が効率的に届けられるかもしれません。配送車を大量に使えるのも、自動運転によってドライバーが必要なくなるからです。

また、車の形態が変わるということは、車自体の形が変わるということでもあります。それに伴い、車の部品構成も従来とは異なってくるはずです。いままでは必要であった部品が必要なくなると、下請けにあたる部品メーカーの収益に関わってきます。

自動運転は社会にとって、良い意味でも悪い意味でも大きな変化をもたらす技術だと思います。

(※)
カーシェアは「所有時間の共有」を意味し、個人の所有に属さない車をある時間だけ利用することを指します。当然、個人単位での乗車が可能です。
一方、ライドシェアは「移動空間の共有」を意味し、同じ車に相乗りのような形で他人と利用することを指します。自動運転が実現すれば、ドライバーが必要なくなるので普及が進むと考えられています。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行