aamall

スマート玩具

2017年11月24日

IoTのセキュリティリスク

IoTは、あらゆるものがインターネットにつながることを指す言葉です。
センサーによって、今まで情報化の対象とされなかった世界をデジタル化し、データとして蓄積する。
そして、データを分析して現実世界へとフィードバックするという流れの繰り返しになります。

これらの流れにはインターネットが介在するため、IoTはセキュリティリスクを考える必要があります。

長い間情報端末として使われてきたパソコンは、その利用者のほとんどが危険性について理解をしており、セキュリティソフトを入れるなど対策をしています。

一方、IoT化したものに対しては、危険性への意識が追いついていないと思います。
完全に普及した時よりも、広まり始めたくらいの時期が意識の面で一番危険かもしれません。

ネットワーク家電やスマート玩具などもPC同様、ソフトウェアアップデートをするなど基本的な対策が必要です。

例えばスマート玩具は、見た目がぬいぐるみなど普通のおもちゃなので、ついつい対策を怠ってしまいがちです。

IoTのリスクについて私が考えさせられたのが、ルーベン・ポールくんという11歳の男の子が、オランダで開催されたサイバーセキュリティ会議でした公演です。

彼はインターネットに接続しているくまのぬいぐるみを使ったハッキングを実演していました。

また、音声機能付きのおもちゃをハッキングして「あの場所で会おうよ、迎えに行くよ」としゃべらせることも可能と言っています。
知らない人に直接誘われたときには付いて行かない子供も、おもちゃに誘われたら、その場所へ向かってしまうかもしれません。

(本郷理一)




robotbusiness at 14:58|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 第3回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス