aamall

ウェアラブルキーボード

2018年03月23日

ウェアラブルキーボード

パソコンの操作において音声入力は状況を選びます。人前ではまず使うことができません。結局はキーボードを使うことになるわけですが、これより自然な入力方法が考案されました。

指輪が連なったような形のウェアラブルデバイスを指に着けることで、キーボードを使わずに文字入力ができるものです。これはウェアラブルキーボードと呼ばれており、机の上でも、膝の上でも入力操作ができるようになります。

指を下ろす動作をすることで認識されるわけです。そして、各指の動作の組み合わせでアルファベットが入力できるようになっています。当然、入力できるようになるには相応の練習が必要になります。

また移動操作にも対応しており、キーボードだけでなくマウスも必要なくなります。

他にも、電子楽器の演奏やゲームのコントローラーとしての役割も持てるそうです。

スマートウォッチなど、移動中に気軽に使えるモバイルデバイスが発展してきている中、キーボードを利用した方法やスクリーンを触る方法が最適な操作とは限りません。そうした考え方から、開発に至ったわけです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 第3回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス