aamall

ロボットビジネス勉強会

2018年12月04日

第13回ロボットビジネス勉強会参加者募集

先端テクノロジーとフルアウトソーシング
営業生産性向上・営業省人化革命

「第13回ロボットビジネス勉強会」を開催します。
今回は、業種や規模を問わず即座に取り組める「営業省人化」の考え方と具体策です。

「第四次産業革命」が進展し、あらゆる企業活動やビジネスモデルが根底から揺さぶられています。
2020年代へ向けてもっとも激しく変化するのが生産性の暗黒大陸とされてきた営業活動そして営業部門です。
これまでも社員・商談・顧客管理ツールとしてSFA・CRMなどが活用されてきました。
しかし、環境がより一層厳しくなるこれからは「経営合理化」の取り組みの一環として営業に大ナタを振るわざるをえません。

目指すのは「社員を減らし、売上を増やす」こと。
営業に「破壊的変革」と呼べるほどの大きなうねりが押し寄せています。
いま起こりつつあること、あす起ころうとしていることを頭に焼きつけましょう。

今回は平成最後の年忘れ企画として「新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術」を説き明かします。
小難しい専門知識はいりません。
文系・ローテク・アナログな経営者や営業関係者もウェルカムです。

◆第13回ロボットビジネス勉強会開催概要

日 程◇2018年12月26日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(10分間名刺交換タイム)
会 場◇JR東京駅そば(後日連絡)
演 題◇新元号下、生き残れる営業の青写真とトレンド、先端技術
    営業効率化・省人化革命
    費用削減と成果向上を両立、人材不足を解消
内 容◇〔はじめに〕2020年代、生き残れる営業への青写真を描く
    1 最終決着は営業生産性次第
      経理も採用も生産も営業も、前向きの企業解体が加速
      破壊的変革、あすの営業部門にかならず起こる3大潮流
    2 フィールドセールスからインサイドセールスへ
      外勤と内勤を切り分け、そして内勤を重視(比率は逆転)
      フィールドセールス(外回り)は上位2割の精鋭に限定
    3 インサイドセールスはオンライン商談へ
      リアルとウェブを併用、オンライン商談システムが一気に普及
      多忙な顧客が大拍手、接触頻度向上で顧客満足向上
    4 オンライン商談はフルアウトソーシングへ
      営業志望者激減、採用も労務管理も営業管理も不要
      一商談当たりコストが50~90%低下、経営の重しがすっきり
    5 うそ、ほんと、ここまでやる営業代行
      見込客創出、面談セッティング、新規顧客開拓、
      クロージング、納入時サポート、納入後フォロー etc.
    6 RPAによるバックオフィス削減
      営業庶務・営業アシスタント業務はAIが担当
      問合せ・引合い対応、見積書作成はAIが担当
    〔あすから〕営業強靭化と営業省力化は同時に叶えるべし
ホスト◇和田創研 和田創
ゲスト◇日本ロボコム株式会社 本郷理一
定 員◇20名前後(会場の定員次第)
参加費◇3千円(運営費・会場費など実費程度。消費税別途)
注 意◇事前申込み(先着順。3日前までの振込)
備 考◇終了後に有志による忘年会あり(近隣飲食店。実費)

ロボットビジネス勉強会はフランクでフレンドリー、質疑応答が活発、生っぽい話がたくさん聞けます。

「第13回ロボットビジネス勉強会」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。年末は東京駅周辺の会場の確保が難しくなりますので、早めに閉め切ります。

◆運営者紹介

日本ロボコム株式会社代表/学生起業家
本郷 理一(ほんごう・りいち)

大学で建築学を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わり、IPOを目指しています。「AI住宅・ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行っています。合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探っています。よちよち歩きですが、先端分野のセミナー講師を務めることもあります。

日本ロボコムウェブサイト

日本ロボコムでは年明けより「営業指導ロボット~上司いらず(仮称)」、7月より「SPA(セールス・プロセス・オートメーション)ロボット ~ビッグマウス(仮称。大口商談から)」の開発をスタートさせます。
実際はクラウドサービスになりますが、技術面と資金面でご協力いただける企業の募集を近々行います。


robotbusiness at 16:00|Permalink

2018年11月05日

第12回ロボットビジネス勉強会参加者募集

第12回ロボットビジネス勉強会&交流会
RPA省人化セミナー

さて、「第12回ロボットビジネス勉強会&交流会」を行います。
今回は中小企業でも猛烈な勢いで導入が進む「RPA」を取り上げます。
ほんのわずかな費用でオフィス業務を省人化できます。

ロボットビジネス勉強会はフランクでフレンドリー、質疑応答が活発、生っぽい話がたくさん聞けます。
ロボットベンチャーの経営や販売・受注を軌道に乗せるヒントも得られます。
アントレプレナー予備軍のご参加も大歓迎します。

日 程◇2018年11月28日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇幅広い業種・業務に迅速かつ容易に利用可能
    RPA省人化セミナー
    定型作業効率化・自動化、人件費削減の実際と事例
ゲスト◇三和コムテック株式会社(AutoMate紹介)
特 色◇プレゼンテーション(商談再現)
    参加者が新事業として行うイメージがつかめます。
    文系でも扱える商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

「第12回ロボットビジネス勉強会」

専門知識がなくても始められる「ロボットビズネス」にフォーカスし、楽しみながら新商材・新事業・新会社の可能性を探ります。
また、既存事業や既存商品に先端技術を取り入れる機会になります。
環境変化の荒波にもまれる中小企業の活性化に一役買いたいと願っています。

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。


robotbusiness at 21:00|Permalink

2018年10月27日

日本ロボコムIPOへ、20~30代営業役員募集

ロボットビジネス勉強会の盛りあがり
先端分野の起業に興味をお持ちの方もどうぞ!

今週水曜日の夜間、JR東京駅至近の貸し会議室(椿屋珈琲店手前)で月例会「ロボットビジネス勉強会」を行いました。
文系・ローテク・アナログな私・和田創ですが、この勉強会を立ち上げてよかったとつくづく思います。
技術革新の進展は凄まじい勢いです。
法人も個人も環境変化に適応するのは決して簡単でありません。
2020年代は職場というより、社会が一気に変わっていくのでしょう。
(どんな光景が目の前に広がるのか、わくわくしますね。)

今回は低コストで導入可能なMA(マーケティング・オートメーション)ツールの紹介でした。
ゲストにお招きした会社の親会社は短期間で10社くらいに分割・発展した(東証マザーズ⇒)東証一部上場企業です。
この会社も従業員がどんどん増えており、先端分野の成長力の大きさを改めて感じさせられました。

ロボットビジネス勉強会は私が主宰していますが、独占しようなどという気持ちはさらさらありません。
有志3~4人が主宰になり、持ち回りで開催(企画・運営・司会)するスタイルに改めたいと考えています。
そのほうが参加者も楽しいでしょう。

ご協力いただける法人・個人を求めています。
(手間はほんのわずかに取られますが、費用の持ち出しはまったくありません。)
また、すでに開催実績が十回を超え、関係者にもいくらか認知されつつあります。
当初のように「ゲスト探し」で苦労することもありません。
たいてい喜んで引き受けてくださいます。

本勉強会を盛りあげ、参加者のなかからロボットビジネスに関わる方をたくさん世の中に送り出したいと張り切っています。
(AIなど先端分野の起業・創業に興味をお持ちの方もどうかご参加ください。)
中小企業の活性化や日本経済の興隆にもつながるはずです。

ロボットビジネス勉強会
http://robot-business.net

日本ロボコムは早期IPOへ
20~30代営業役員、出資企業も募集

ロボットビジネス勉強会でゲストのお話をうかがって思うこと。
67歳の私自身も時代に取り残されないように留意しながら、「日本ロボコム株式会社の経営を一日も早く軌道に乗せ、IPOを成し遂げたい」。
毎回のように大きな刺激を受けています。

ついては20~30代の営業役員を求めています。
学歴不問、必須なのは野望と情熱、執念だけです。
また、出資企業=取締役を求めています。

日本ロボコム株式会社
http://robocom.co.jp

和田創プロフィール
http://wadasouken.co.jp/jisseki.pdf

(和田創)



robotbusiness at 20:00|Permalink

2018年10月20日

サービスロボットの売り手を発掘する勉強会&交流会

創り手と使い手をつなぐ売り手を発掘する
「ロボットビジネス勉強会」を開催
ローテク・アナログ企業でも取り扱える先端商材にフォーカス

和田創研はサービスロボットの創り手と使い手をつなぐ「売り手」の発掘と育成を目指し、任意団体「ロボットビジネス勉強会」を月例会方式で開催しています。

ゲストは先端分野のメーカー・ベンダーです。
AIやITなどを含めた広義のロボットのプレゼンテーションやデモンストレーションを行います。

参加者はおもに文系・アナログ・ローテクの社長が率いる中小企業です。
これからロボットビジネスを始めたい、あるいは既存事業や既存商品に先端技術を取り入れたいと考えています。
専門知識を持たなくても十分に内容を理解することができます。

先週の幕張メッセの「CEATEC」、東京ビッグサイトの「Robot Week」、今週の幕張メッセの「Japan IT Week」「クラウドコンピューティングEXPO」など大がかりな展示会が続きます。
会場の賑わいから、先端分野が急拡大を遂げていることが実感できます。

ロボットビジネス勉強会は市場縮小や事業衰退に直面する中小企業の活性化、技術革新の荒波にもまれる中小企業の環境適応に一役買いたいと願っています。

ロボットビジネス勉強会(交流会)ウェブサイト

◆第11回ロボットビジネス勉強会&交流会

日 程◇2018年10月24日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇マーケティングオートメーションなら見込客数と商談数をどんどん増やせる
    ホットリード育成MAツール
    購入・発注のタイミングを見極め、ピンポイントでアプローチ
会 場◇JR東京駅そば(申込者に連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

「ロボットビジネス勉強会」は任意団体であり、主宰者や運営者の営利事業でありません。
ゲストからも参加者からも紹介料や仲介料などを一切いただいておりません。
各自の判断と責任に基づいて希望者は後日、メーカー・ベンダーと直接やり取りを行ってください。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「第11回ロボットビジネス勉強会 ~ホットリード育成MAツール」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

◆主宰者紹介

和田創研代表/シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

営業の数字づくりに特化した経営コンサルタントです。
2017年、職業人生のラストステージと定める「66歳~77歳」に差しかかり、典型的な文系・アナログ・ローテク人間が一番苦手とする最先端ビジネスに挑んでいます。
クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指します。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと悪戦苦闘しています。

両親がアルツハイマーの家系であり、77歳頃に発症して植物人間の状態が長く続きました。
自らのカウントダウンもすでに始まっていると覚悟を決めていますが、「頭が働くかぎりはたとえ半歩でも前へ進みたい」と、心から願っています。

合わせて「66歳からの起業」を広く呼びかけており、社会的なムーブメントに盛り上げるために起業セミナーも随時行っています。

和田創研ウェブサイト

和田創プロフィール

(和田創)



robotbusiness at 08:00|Permalink

2018年10月06日

第11回ロボットビジネス勉強会参加者募集

第11回ロボットビジネス勉強会を開催
中小企業でも使いやすい簡便・安価なMAツールを紹介

先日お伝えしたとおり、「ロボットビジネス勉強会」が読売、朝日、産経、日刊工業、ダイヤモンド、東洋経済新報、プレジデント、文藝春秋、ぴあなど、ウェブ版とはいえ錚々たるメディアに取り上げられました。
マスコミの力、そして皆さまの力をお借りし、盛り上げていきます。

その「ロボットビジネス勉強会&交流会」の第11回を行います。
ゲストと参加者の質疑応答、参加者同士の情報交換が活発で、全員がなごやかでざっくばらんな交流を楽しむことができます。

当日取り上げるのは、どんな職場でも使いやすい安価で簡便なMA(マーケティングオートメーション)ツールです。
獲得した見込客をホットリードへ育成できる優れものです。
自社のウェブサイトにアクセスした企業を特定、閲覧履歴などを解析して、購入・発注のタイミングを自動で見極めます。
強い関心を寄せる来訪者に対してはピンポイントでアプローチすることで、有望な見込客や優良な顧客を増やせます。

今回は注目の「Bow Now」の実際とメリットを明快にプレゼンテーションしていただきます。
最大の特徴は、圧倒的な低コスト、シンプルな導入・運用です。
したがって、旧来型の中小企業でもたやすく使えます。

日 程◇2018年10月24日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇見込客数と商談数をどんどん増やせる
    ホットリード育成MAツール
    購入・発注のタイミングを見極め、ピンポイントでアプローチ
ゲスト◇Mtame株式会社(Bow Now紹介)
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「第11回ロボットビジネス勉強会 ~ホットリード育成MAツール」

どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

ロボットビジネス勉強会(交流会)ウェブサイト

(本郷理一)



robotbusiness at 08:00|Permalink

2018年10月02日

ロボットビジネス勉強会が読売、朝日、ダイヤモンドなど74媒体で紹介

第11回ロボットビジネス勉強会を開催
中小企業でも使いやすい簡便・安価なMAツールを紹介
==============================

驚きました・・・。
「ロボットビジネス勉強会」が読売、朝日、産経、日刊工業、ダイヤモンド、東洋経済新報、プレジデント、文藝春秋、ぴあなど、ウェブ版とはいえ錚々たるメディアに取り上げられています。
何と合計で74メディアです。
マスコミの力、そして皆さまの力をお借りし、盛り上げていきます。

その「ロボットビジネス勉強会&交流会」は第11回(通算13回)を開催する運びとなりました。
先端分野の勉強会では異例ですが、ゲストと参加者の質疑応答、新事業や新会社の立ちあげを検討する参加者同士の情報交換がとても活発です。
全員がなごやかでざっくばらんな交流を楽しむことができます。

当日取り上げるのは、どんな職場でも使いやすい安価で簡便なMA(マーケティングオートメーション)ツールです。
獲得した見込客をホットリードへ育成できる優れものです。
自社のウェブサイトにアクセスした企業を特定、閲覧履歴などを解析して、購入・発注のタイミングを自動で見極めます。
強い関心を寄せる来訪者に対してはピンポイントでアプローチすることで、有望な見込客や優良な顧客を増やせます。
また、自社商品がどのような業種や市場、どのくらいの規模の企業にニーズがあるかなどもつかめます。

今回はMtameをゲストにお招きし、注目のMAツール「Bow Now」の実際とメリットを明快にプレゼンテーションしていただきます。
目覚ましい進化を遂げる「AI」の威力をご実感ください。
(「ここ掘れ、ワンワン」。犬がBowと吠えるがごとく、ビジネスチャンスを教えてくれます。)
最大の特徴は、圧倒的な低コスト、シンプルな導入・運用です。
したがって、旧来型の中小企業でもたやすく使えます。
また、展示会やセミナー、メルマガ配信などで獲得したリードを生かしたい企業にも有効です。

日 程◇2018年10月24日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇マーケティングオートメーションなら見込客数と商談数をどんどん増やせる
    ホットリード育成MAツール
    購入・発注のタイミングを見極め、ピンポイントでアプローチ
ゲスト◇Mtame株式会社(Bow Now紹介)
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第11回ロボットビジネス勉強会 ~ホットリード育成MAツール

ロボットビジネス勉強会では、皆さまの新商品や新事業としてすぐに取り扱える商材を中心にご紹介しています。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

ロボットビジネス勉強会(交流会)ウェブサイト

◆ゲスト・参加者を募集

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、主宰者や運営者の営利事業でありません。
ゲストからも参加者からも紹介料や仲介料などを一切いただいておりません。
各自の判断と責任に基づいて希望者は後日、メーカーやベンダーと直接やり取りを行ってください。

◇ゲスト募集
代理店をお探しのメーカー・ベンダー
1.開発に精一杯で営業に手が回らない。
2.引き合いが少なくて困っている。
3.商品に自信はあるが、営業に苦手意識がある。
4.対象市場の拡大、販路の整備を進めたい。
5.貪欲に収益を上積みしたい。

◇参加者募集
先端商材をお探しの中小企業
1.既存顧客を対象とした商材がほしい。
2.新事業・新会社を立ち上げたい。
3.既存事業・既存商品に取り入れたい。
4.新規開拓のフックとしたい。
5.自慢の営業力を生かしたい。

以上。
今後ともよろしくお願いします。

ロボットビジネス勉強会(交流会)ウェブサイト

Copyright (c)2018 by Sou Wada



robotbusiness at 12:29|Permalink

2018年09月12日

超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会

第10回ロボットビジネス勉強会&交流会
超高精度AI自動翻訳

「ロボットビジネス勉強会」の第10回(通算12回)を開催する運びとなりました。

28当日取りあげるのは、AIを活用することで、プロに匹敵する翻訳を可能にする超高精度AI自動翻訳クラウドサービスです。
しかも、利用企業の専門分野に合わせた適訳を実現します。
使えば使うほどデータが蓄積され、AIが利用企業に特有の表現や言い回しを学習します。
これまで翻訳に関わった社員の手間を大幅に省けます。
また、翻訳者へ外注する場合と比べ、コストを大幅に抑えられます。


今回はロゼッタをゲストにお招きし、オンライン上での自動翻訳の実際とメリットを明快にプレゼンテーションしていただきます。
合わせてデモンストレーションも行っていただきます。
翻訳の速さと精度の高さに驚かれることでしょう。

日 程◇2018年9月26日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇幅広い分野や業種に合わせた適訳、
   使うほどユーザーにジャストフィット

    超高精度AI自動翻訳
   低コストでプロレベル、海外顧客・市場の開拓を後押し
ゲスト◇株式会社ロゼッタ
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第10回ロボットビジネス勉強会 ~超高精度AI自動翻訳」

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、株式会社和田創研および日本ロボコム株式会社の営利事業でありません。
皆さまのご判断のもと、希望者は後日メーカーと直接やり取りを行ってください。


『月刊ロボットビジネスVol.8』2018年9月号
201809
以上。
ロボットビジネス勉強会では、皆さまの新商品や新事業としてすぐに取り扱える商材を中心にご紹介しています。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

(本郷理一)



robotbusiness at 07:00|Permalink

2018年09月10日

第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集

第10回ロボットビジネス勉強会&交流会
超高精度AI自動翻訳

「ロボットビジネス勉強会」の第10回(通算12回)を開催する運びとなりました。

当日取りあげるのは、AIを活用することで、プロに匹敵する翻訳を可能にする超高精度AI自動翻訳クラウドサービスです。
しかも、利用企業の専門分野に合わせた適訳を実現します。
使えば使うほどデータが蓄積され、AIが利用企業に特有の表現や言い回しを学習します。
これまで翻訳に関わった社員の手間を大幅に省けます。
また、翻訳者へ外注する場合と比べ、コストを大幅に抑えられます。


28今回はロゼッタをゲストにお招きし、オンライン上での自動翻訳の実際とメリットを明快にプレゼンテーションしていただきます。
合わせてデモンストレーションも行っていただきます。
翻訳の速さと精度の高さに驚かれることでしょう。

最大の特徴は、言語の壁を感じなくなるほどの使い勝手のよさ。
すでに海外とのやり取りがある企業はもとより、これから海外向けに事業を展開しようとする企業に役立ちます。
さらに、広告・SP代理店、DM・印刷会社などがクライアントサービスに導入できます。

日 程◇2018年9月26日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇幅広い分野や業種に合わせた適訳、
   使うほどユーザーにジャストフィット

    超高精度AI自動翻訳
   低コストでプロレベル、海外顧客・市場の開拓を後押し
ゲスト◇株式会社ロゼッタ
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第10回ロボットビジネス勉強会 ~超高精度AI自動翻訳」

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、株式会社和田創研および日本ロボコム株式会社の営利事業でありません。
皆さまのご判断のもと、希望者は後日メーカーと直接やり取りを行ってください。


『月刊ロボットビジネスVol.8』2018年9月号
201809
以上。
ロボットビジネス勉強会では、皆さまの新商品や新事業としてすぐに取り扱える商材を中心にご紹介しています。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

(本郷理一)



robotbusiness at 07:00|Permalink

2018年08月06日

ロボットビジネス勉強会、夏休みのお知らせ

ロボットビジネス勉強会、夏休みのお知らせ

2017年8月に発足の「ロボットビジネス勉強会」は2018年7月に第9回(通算11回)を行いました。
ゲストと参加者の皆さまに心より感謝します。

さて、8月は「夏休み」をいただきます。
9月26日、水曜日に第10回の「ロボットビジネス勉強会」を開催します。
パンフレットが出来次第、ウェブサイトに掲示するとともに、メールでご案内を差しあげます。
どうかいましばらくお待ちください。

(和田創)



robotbusiness at 07:00|Permalink

2018年06月07日

オーダーメイドロボット|第9回ロボットビジネス勉強会

カスタマイズロボット
第9回ロボットビジネス勉強会&交流会

「ロボットビジネス勉強会」の第9回(通算11回)を開催する運びとなりました。

当日取りあげるのは、無駄のない最良のアプローチによりたった一台からの試作や製作が可能なオーダーメイドロボットです。
企業・自治体・団体・プロスポーツなど、クライアントに応じて注文どおりのヒューマノイドロボット、マスコットロボットをつくります。
エントランスや受付などでの設置のほか、マーケティングへの活用がどんどん進んでいくことでしょう。

今回はカスタマイズロボットの企画・製作に情熱を傾けてきたメーカーをお招きしました。
受注が絶好調で多忙を極めるなか、本勉強会に時間を割いてくださいました。

第9回ロボットビジネス勉強会
オリジナル人型ロボットの注目商材

日 程◇2018年7月25日(水)
時 間◇午後6時30分~8時30分(名刺交換タイムあり)
内 容◇幅広い分野や業種、多様な用途にジャストフィット
    カスタマイズロボット
    細かい要望に応える完全オーダーメイドが大人気
ゲスト◇某メーカー(当該分野の先駆者)
特 色◇営業活動(商談)を再現
    貴社の新事業のイメージが超リアルにつかめます。
    文系でも十分に営業活動が可能な商材に絞っています。
会 場◇JR東京駅近く(後日連絡)
    ※東京・銀座に変更になる場合あり。
参加費◇3千円(会場費・機材費など実費程度。消費税別途)
備 考◇終了後に有志の交流会あり(近隣飲食店。実費)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第9回ロボットビジネス勉強会 ~カスタマイズロボット」

ロボットビジネス勉強会は任意団体であり、株式会社和田創研および日本ロボコム株式会社の営利事業でありません。
皆さまのご判断のもと、希望者は後日メーカーと直接やり取りを行ってください。

以上。
ロボットビジネス勉強会では、皆さまの新商品や新事業としてすぐに取り扱える商材を中心にご紹介しています。
どうか奮ってご参加ください(先着順受付につき、満席の節はご容赦ください)。

(和田創)



robotbusiness at 07:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行