aamall

ロボット活用

2018年04月16日

手書き文字の認識技術

紙などに書かれた文字をテキストデータ化する技術として、OCR(光学文字認識)があります。

最近では、ディープラーニングの活用によって、手書き文字の認識精度も高まっています。手書き文字は、おおむね9割程度の認識率です。

そのため、この技術は手書き書類のデータ入力作業に使われるようになりました。入力作業は必要不可欠な業務ですが、時間と手間を要します。外部に委託するのもよくあるぐらいです。

書類を電子化することで、情報が扱いやすくなります。例えば、どこに何の情報があるかすぐに分かる、つまり検索性が増し、また情報の共有もスムーズに行えるわけです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年04月13日

複数から成る音を分離する技術

音声認識技術が多く使われるようになっていますが、周囲の環境によっては正しく機能しない場合があります。周りの音が複数であったり、音量が大きかったりした場合などです。

そのために必要な機能が、複数の音の中から認識したい音のみを取り出す技術です。しかし従来の技術では、精度が実用的ではありませんでした。

また、認識する対象である音声単体を機械にあらかじめ覚えさせる必要がありました。その音声を覚えることで、周囲の他の音と区別ができたわけです。

しかし、この工程が必要なく、かつ精度の高い技術が登場してきています。ディープラーニングを活用する技術で、対象の音声を覚えるのではなく、音声の区別の仕方を学ぶことで認識が可能になります。

音声の区別の仕方を学ぶには、学習用のデータが必要になります。このデータの種類を変えれば、人の声以外の音も取り出すことができます。

例えば、この技術を車のカーナビに搭載することで、会話や走行音、音楽が混在していても、自分の声がしっかりと認識してもらえるわけです。

このように、音声認識が雑音の多い環境下でも正しく機能するには必要不可欠な技術です。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月27日

ウェブの広告文の自動生成

ウェブに表示される広告文を考えるのはクリエイティブであり、人がやるものだと思われてきました。

しかし、AIを活用することで、今までの膨大な広告の中から効果があった広告文をパターンごとに分類し、そのパターンに合うようにテキストを自動生成させることができます。

広告を制作する際には、関連する言葉を指定するだけで自動的にテキストができます。そのため、制作担当者はその中からいいものを選び、少し調整をするだけになるわけです。

ウェブ広告は、制作過程が自動化されると、効果的な広告へとリアルタイムでの差し替えが人の手を介さず行えるようになります。

ウェブの広告に求められるのは、世界に一つしかないような優れたコピーを持つ広告ではありません。どこかで見たことがあるようなものでもよく、何よりユーザーにマッチするようなものであることが重要です。そのため、速く大量に制作できるAIが優勢になるわけです。




robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月26日

ウェブの広告表示の最適化

ウェブでの広告表示を最適化するのにAIが一役買っています。ユーザーがクリックをしてくれるような広告を表示するようにしているわけです。

ユーザーのインターネット上での行動を分析して、クリックしてくれるような内容とタイミング、表示端末の種類を決めています。

内容の例でいえば、休みの日にバイクに関するサイトを見ており、平日には旅行サイトを見ているなどです。

タイミングの例でいえば、仕事をしていると思われる時間にはクリックはしないが、プライベートの時間にはクリックをするなどです。

これらの例を合わせれば、休みの日にはバイクの広告、平日の夜には旅行の広告を表示するのが効果的だという結論になります。また、スマホで閲覧することが多いと分かっていれば、PCへの広告表示をやめるということもできます。

広告を表示する側としては、クリックに結びつきやすい広告を表示できるため、コスト抑えつつ効果的なアプローチをすることができます。

また、ユーザー側にもある程度のメリットはあります。少なくとも、見当違いな内容で、煩わしいタイミングの広告表示はなくなるからです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月23日

ウェアラブルキーボード

パソコンの操作において音声入力は状況を選びます。人前ではまず使うことができません。結局はキーボードを使うことになるわけですが、これより自然な入力方法が考案されました。

指輪が連なったような形のウェアラブルデバイスを指に着けることで、キーボードを使わずに文字入力ができるものです。これはウェアラブルキーボードと呼ばれており、机の上でも、膝の上でも入力操作ができるようになります。

指を下ろす動作をすることで認識されるわけです。そして、各指の動作の組み合わせでアルファベットが入力できるようになっています。当然、入力できるようになるには相応の練習が必要になります。

また移動操作にも対応しており、キーボードだけでなくマウスも必要なくなります。

他にも、電子楽器の演奏やゲームのコントローラーとしての役割も持てるそうです。

スマートウォッチなど、移動中に気軽に使えるモバイルデバイスが発展してきている中、キーボードを利用した方法やスクリーンを触る方法が最適な操作とは限りません。そうした考え方から、開発に至ったわけです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月22日

ジェスチャーで機械を操作

機械の操作は、直接触れるものが大半になります。一方で、スマートスピーカーなど手で触らなくとも操作できるものもあります。

ジェスチャーで操作する仕組みもその一つです。カメラで人の動きを認識し、それに応じた動作を機械がするわけです。

実用的だと考えられているのは、家電との連携です。スイッチやリモコンのある場所まで足を運ばなくても、その場で操作ができます。例えば、照明やテレビを指差すとオン・オフの切り替えができるなどです。

現時点では、大振りな動作でないと機械が反応できませんが、細かい動きにも対応できるように開発が進められています。誤作動をなくすことなど課題は多くありますが、いずれ実用化がされると思います。

(本郷理一)




robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月14日

ソフトウェアロボット(RPA)大勉強会

どうかお気軽にご参加ください

「第5回ロボットビジネス勉強会」をJR東京駅近くで開催します。
昨年8月のスタートアップセミナー、9月のキックオフセミナーを含めると、すでに7回の実績があります。
(月例会方式の開催です。)

初心者向けRPA大勉強会開催

今回は「RPA大勉強会《基礎編》」(全3回シリーズ第1回)となります。
オフィス業務の効率化や自動化による「働き方改革(ワーク・ライフ・バランスなど)」を推し進めるうえで具体的なヒントが得られます。
あくまでもスーパー初心者向けにシンプルかつ明快な説明を心がけます。
(文系・ローテク・アナログの方々でも腑に落ちる内容です。)

どこから着手すべきかが分かる

「AIやクラウドサービス、ソフトウェアロボットを活用して省力化や省人化による大幅なコストダウン(人件費削減)を図りたい」。
でも、どこから着手していいか分からないという社長や幹部の方々にも有益です。
なにとぞ奮ってご参加ください。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「第5回ロボットビジネス勉強会 ~RPA大勉強会《基本編》」
(かならず、パンフレットにお目通しください。)

お申し込みはお早めに。
(満席の節はご容赦ください。)

(本郷理一)



robotbusiness at 16:00|Permalink

レジの無人化

コンビニやスーパーなどの店舗では、レジを無人化する動きが見られます。

セルフレジを考えたとき、一つずつバーコードを通すのは面倒で、定着するようには思えません。そこで考えられたのが、商品一つ一つにICタグをつけ、一括でスキャンするやり方です。

しかし、ICタグの利用は多くの問題を抱えていることが分かりました。現時点で、一個あたり10円と高く、コンビニで売られているような単価が低い商品に向いていません。また、電波を遮るものがあると認識されないことがあります。

ICタグを使わない方法もあります。レジ台の上に商品を置くことで、カメラの画像からAIがどの商品かを判別する仕組みです。現時点で約1000種類の商品を正確に見分けることができ、今後は不良品や賞味期限も認識できるようにするそうです。

また、レジという存在自体をなくしてしまうやり方もあります。天井のカメラと棚のセンサーによって、どの商品を手に取ったかを判別し、商品を持ったまま外に出れば会計がされるというものです。

「Amazon Go」で使われた技術で、日本でも駅構内のコンビニなどで実験が行われています。「Suica」などのICカードを使って店に入り、出る際に自動で精算されるわけです。駅では急ぐことが多いので、レジに並ばずに済むのは便利だと思います。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月13日

小売店舗で働くロボット

小売店舗での作業を人の代わりに行うロボットの開発が進められています。

特に在庫管理は人よりも効率的に行えるとされています。マップ化された店内を徘徊し、陳列棚の商品や値札の状態を確認するロボットです。

商品が不足していないか、価格表示が間違っていないかなどを見て回ります。そしてロボットからの情報は従業員に伝えられ、必要があれば、商品の補充などを行います。

日本の事例では、富士通の「MATEY(メイティ)」というロボットがあります。2017年の段階では、商品が品切れになると陳列棚の奥から見えるQRコードをカメラで検知する仕組みでしたが、このQRコードがなくても認識ができるようになりました。画像認識技術が向上したことで、商品がある状態とない状態の区別がつくようになったからです。

また、ロボットを徘徊させるやり方以外に、店内に設置した複数個のカメラを使って在庫を確認するやり方もあります。

将来的には在庫管理だけでなく、商品の発注と陳列をも一貫して行えるロボット(システム)が出てくるかもしれません。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink

2018年03月09日

ドローンによる配達

ドローンは、災害の調査やインフラの点検などに活用されるようになってきました。他にも、ドローンは輸送機として期待されています。

ドローンは、人口が密集していない地域への配達で大きな効果を発揮すると考えられます。特に、陸から数km離れた島への配達に便利かもしれません。

一方、問題も多くあります。ドローンの墜落や荷物の落下などの事故が絶対に起きないとは限りません。そのため、大都市圏での利用は難しいと言われており、現に規制は実用化を厳しくさせています。

しかし、配達に人がいらないことから、利用は広がるはずです。ドローン配達に力をいれるAmazonが「空中倉庫」で特許を取得するなど、今後が楽しみです。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:00|Permalink
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 第3回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • 第2回ロボットビジネス勉強会(東京・銀座)参加者募集
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス