aamall

2018年03月01日

3Dプリント技術を用いた橋の建設

昨年10月、オランダで3Dプリント技術を用いた橋が誕生しました。橋の全長は約8m
で、自転車を利用する人向けのものだそうです。

橋は約800の層状のコンクリートが積み重なってできています。

普通、コンクリートは型枠の中に流し込まれる形でつくられます。そのため、コンクリートの形は型枠がつくりやすい矩形状に限定され、また内部は密に詰まっています。

一方3Dプリンターによって出力されたコンクリートは、押し出されながら層状につくられます。そのため、より自由な造形が可能となり、型枠を用いる方法よりも使用するコンクリート量が少ないというメリットがあります。構造的に必要な部分にだけ、コンクリートを出力できるということです。

また、材料に鋼鉄を用いた3Dプリント技術の研究も進められています。

今回は工場で生産したものを現場に運び込むやり方ですが、現場で施工する方法もあります。将来的には、3Dプリンターが移動するためのレールも自分で出力するため足場が必要なくなるなど、施工が完全に自動化するかもしれません。



robotbusiness at 09:00│ ロボット活用 
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行