aamall

2018年02月01日

AIチップの開発

普通、AI処理は高速で演算処理を行うため、クラウド上で行われます。動作端末にはAI処理用のプロセッサは搭載していないため、ネットを介して別の場所にあるサーバーとやり取りを行うということです。

しかし、クラウドの場合、データをやり取りするため応答速度がどうしても遅くなってしまうことや、データの送信容量に制限ができてしまうことなどのデメリットがあります。また、セキュリティの観点からも、クラウドでないほうがよいとも言われています。

つまり、動作端末内でAI処理が完結できれば望ましいということです。実際に、昨年あたりからAIチップの開発に成功する記事を見るようになりました。このAIチップの中には、パソコンだけでなく、スマホなどの携帯端末に使えるようなものも含まれています。

これが実際に使われるようになると、スマホでもAIの処理をいかしたアプリが増えるかもしれません。例えば、人の顔写真を取ると健康状態が分かるなど。また、AIの処理はゲームとかにも応用できるかもしれません。プレイの仕方によって内容が変わっていくなど。

AIチップは、使う側からすれば、通信料を抑えてAI処理の恩恵が受けられるというメリットがあります。また、提供する側としては、AI処理が当たり前になったとしても、サーバー数を増やさなくてもよいというメリットがあります。グーグルによれば、全ユーザーが毎日3分間音声検索を利用しただけで、サーバーが倍必要になってしまうそうです。こうした理由もあって、AIチップの開発は急がれるわけです。

(本郷理一)





robotbusiness at 09:00│ ロボット社会 
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行