aamall

2017年11月22日

銀行が従業員を大幅に削減

昨日、「三菱東京UFJ銀行が2023年度末をめどに6000人の従業員を削減する」という内容のニュースを目にしました。

店舗の約2割を機械化し、少数で運営できる体制にする予定とのこと。
また、採用も抑制していく方針だそうです。

三菱東京UFJ銀行以外にも、メガバンクと呼ばれる銀行が大幅に人員を削減または再配置することを発表しています。

従業員4000人を再配置することを発表している三井住友銀行は相談型の店舗を目指すなど、銀行のあり方が変わろうとしています。

また、一部の業務をAIなどの機械に任せるため、その業務の担当者を大幅に減らすということも起きています。

みずほ銀行はAIで個人向け融資の審査に使うスコアリング(信用力の数値化)を自動化するそうです。
すでに住宅ローンの審査にAIを導入する銀行も出てきています。

将来的にはAIが法人向け融資も取って代わると思います。
膨大な財務データなどを瞬時に分析し、経営健全度や資金需要、与信を判断することもできるかもしれません。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:01│ ロボット社会 
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 超高精度AI自動翻訳|第10回ロボットビジネス勉強会
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第10回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • 第6回ロボットビジネス勉強会参加者募集
  • スマートロボティクスが登場
  • スマートロボティクスが登場
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行
  • 月刊ロボットビジネスVol.3発行