aamall

2017年09月14日

完全自動運転は社会の常識を覆す

このところ電気自動車(EV)に関するニュースをよく目にします。
それより前は自動運転車の方が取り上げられていた印象です。

自動運転には人がどれだけ運転に関わるかによって段階があり、その最後が完全自動運転と呼ばれるものです。
ドライバーが乗っていなくても走ることができるということです。
ここまできたら車は「ロボット」と呼んでも差し支えないと思います。

仮に実現すれば、様々な常識が覆るはずです。
車に乗っている間は、電話をしても、スマホを見ても、眠っても構わない。
運転免許や飲酒運転の意味も変わるでしょう。
今はドローン配達が注目されていますが、車による無人輸送も考えられます。

ただ、今のようなドライブの楽しみはなくなるかもしれません。
そうは言っても、「車は移動のためのツールにすぎない」と考える人が増えているのも事実です。

(本郷理一)



robotbusiness at 09:03│ ロボット社会 
管理人プロフィール
日本ロボコム代表
学生起業家
本郷理一(ほんごう・りいち)

大学で建築を学びながら、日本ロボコム株式会社の設立に加わる。
また、「ロボット住宅」に関わる新会社の設立準備を行う。
合わせて、単なるビジネスを超えたソーシャルイノベーターの道を探る。
「ロボットビジネス勉強会」の月例会で「ロボットビジネスセミナー」の講師を務めている。
応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

ギャラリー